スマートフォンの代表格の一つであるiPhoneは、従来のフューチャーフォンと同じく、090や080等の番号からの電話が可能です。

そして、インターネットも利用出来ますから電子メールも当然、利用出来ます。ところで、iPhoneにはPush型のメールとFech型のメールがあるというのは、一般のフューチャーフォンやパソコンユーザーには知られていない事かも知れません。
前者のPush型メールというのはメール受信サーバーにメールが届いた瞬間に、メールの到着を到着音や、バイブレーション等で、iPhone側に伝えます。



そして、実際に当該の到着したメールを閲覧したいという場合には、iPhoneのストレージにダウンロードして読むという形になります。

一方の後者のFech型メールというのはパソコンの電子メールの様に、メールがメールサーバーに限度はありますが、例え何通来たとしても、クライアント側のメールの到着を知る事が出来ません。



そこで10分毎とか20分毎等、定期的にメールが届いるかをチェックしてくれる機能があります。



リアルタイムには受け取りにいけないという可能性は捨て切れませんが、メールのチェック頻度を1分毎等にすると負荷が掛かり過ぎるでよう。

ですから、ネットワークの負荷等を考慮にいれながら、iPhoneの使用時に影響が出る可能性が考えられます。

特にビジネスシーンにおいて緊急性がある場合には、電話連絡をするのが最良の選択と言えるかも知れません。
しかし、あえてPush型メールとFech型メールの何れかを考えるなら、何方がよいのかという事は、使用目的がビジネスであれば、中長期的な観点で言えばバッテリーの消費を抑えるのであれば、Push型を選ぶと良いでしょう。
しかし速やかな対応を望むなら、Fech型メールの方を選択した方が良いかも知れません。

Copyright (C) 2015 iPhoneを利用すrならインターネット All Rights Reserved.